ブレーカーが落ちた!戻し方、原因と復旧方法を徹底解説!

 


はじめに

突然ブレーカーが落ちると、焦ってしまいますよね。しかし、慌てずに復旧方法を知っていれば、すぐに電気を取り戻すことができます。

本記事では、ブレーカーが落ちた時の復旧方法、落ちないための対策、よくある疑問など、ブレーカーに関する情報を網羅しています。

1. ブレーカー 落ちた 戻し方

ブレーカーが落ちた場合は、以下の手順で復旧することができます。

  1. 安全を確認: 電気製品のプラグを抜き、濡れた手で触らないように注意してください。
  2. アンペアブレーカーを確認: 分電盤にあるアンペアブレーカーが落ちているかどうかを確認します。
  3. アンペアブレーカーを上げる: アンペアブレーカーが落ちている場合は、ゆっくりと上に上げてください。
  4. 安全ブレーカーを確認: 落ちている安全ブレーカーを探し、一つずつ上げていきます。
  5. 安全ブレーカーが落ちないか確認: 安全ブレーカーを上げた後、電気製品のスイッチを入れて、ブレーカーが落ちないか確認します。

2. ブレーカー 落ちた 戻らない

ブレーカーを上げても戻らない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 漏電: 漏電ブレーカーが落ちている可能性があります。この場合は、電気工事業者に連絡する必要があります。
  • ショート: 電線同士が接触してショートしている可能性があります。この場合は、電気工事業者に連絡する必要があります。
  • ブレーカーの故障: ブレーカー自体が故障している可能性があります。この場合は、電気工事業者に連絡する必要があります。

3. ブレーカー 落ちた 戻し方 落ちた時

ブレーカーが落ちた時は、以下の点に注意してください。

  • 慌てない: 慌てて操作すると、感電する危険があります。
  • 安全を確認: 電気製品のプラグを抜き、濡れた手で触らないように注意してください。
  • 原因を特定: なぜブレーカーが落ちたのか原因を特定しましょう。
  • 電気工事業者に連絡: 漏電やショート、ブレーカーの故障が疑われる場合は、電気工事業者に連絡してください。

4. なぜブレーカーが落ちるのか

ブレーカーが落ちる原因は、主に以下の3つです。

  • 過負荷: 電気製品を使いすぎると、ブレーカーが落ちます。
  • 漏電: 電気配線から漏電が発生すると、漏電ブレーカーが落ちます。
  • ショート: 電線同士が接触してショートすると、ブレーカーが落ちます。

5. ブレーカー いつも落ちないのに

今までブレーカーが落ちたことがないのに、急に落ちるようになった場合は、以下の原因が考えられます。

  • 電気製品の増加: 新しい電気製品を購入したり、使用頻度が増えたりしたことで、電力量が増加した可能性があります。
  • 老朽化: 電線やブレーカーが老朽化し、故障しやすくなっている可能性があります。
  • 夏場の使用増加: 夏場はエアコンなどを使用する機会が多いため、ブレーカーが落ちやすくなります。

6. ブレーカー 落ちた 戻った

ブレーカーを上げると、すぐに元に戻ってしまう場合は、一時的な過負荷が原因と考えられます。

7. まとめ

ブレーカーが落ちた時は、慌てずに復旧方法を知っていれば、すぐに電気を取り戻すことができます。

また、ブレーカーが落ちないよう、電気製品を使いすぎない漏電に注意する定期的に点検するなどの対策も重要です。

ブレーカーに関する疑問があれば、電気工事業者に相談することをおすすめします。

ブレーカーは、安全に電気を利用するための大切な装置です。正しい知識を持って、安全にブレーカーを利用しましょう。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

理学療法士を辞めたいあなたへ。やめてよかった、後悔しないための転職・キャリアチェンジをサポート