埋没二重、取れた!?原因と対処法、再発防止策を徹底解説!

 


二重まぶた手術の中でも手軽で人気の高い「埋没法」。しかし、せっかく二重になったのに、糸が取れてしまった経験はありませんか?今回は、埋没が取れた時の前兆や原因、そして再発防止策について詳しくご紹介します。

埋没が取れる前兆

埋没が取れる前には、いくつかの前兆が現れることがあります。以下のような症状に気づいたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

  • 二重のラインが浅くなった
  • 二重の幅が左右で違う
  • まぶたが重い、違和感がある
  • まぶたをこすると糸が触れる
  • まぶたが腫れたり、内出血した

埋没が取れた原因

埋没が取れる原因は様々考えられますが、主な原因は以下の通りです。

  • 糸の数が少ない
  • 目の脂肪が多い
  • 幅広のデザインにしている
  • 目をこする習慣がある
  • 手術後の体重変化
  • 加齢

埋没が取れたけど二重が残っている場合

埋没が取れたとしても、糸が完全に抜けていなければ、二重が残っている場合があります。この場合は、経過観察が必要となります。1〜2ヶ月程度様子を見て二重のラインが安定していれば問題ありません。しかし、二重のラインが細くなったり、左右差が出たりした場合は、再施術が必要となる可能性があります。

埋没の種類によるダウンタイム

埋没の種類によって、ダウンタイムは異なります。

  • 点留め: 1〜2週間程度
  • 6点留め: 2〜3週間程度

埋没が取れた後のアイプチ

埋没が取れた後、アイプチを使って二重を作ることは避けてくださいアイプチはまぶたを強く引っ張るため、糸が取れやすくなります。また、炎症を引き起こす可能性もあります。

埋没 1点取れた場合

埋没糸が1点だけ取れた場合、再施術が必要かどうかは状況によって異なります二重のラインが安定していれば、再施術は不要な場合があります。しかし、二重のラインが細くなったり、左右差が出たりした場合は、再施術が必要となる可能性があります。

埋没 6点留め 腫れ

埋没6点留めは、糸の数が多いため、腫れや内出血が出やすい傾向があります。ダウンタイム中は、冷却や安静を心掛けましょう。

埋没が取れた時 痛い

埋没が取れた時、痛みを感じる場合があります。これは、糸がまぶたの組織を刺激するためです。痛みは数日で治まりますが、気になる場合は、クリニックを受診しましょう。

埋没 1年で取れた

埋没は、永久的なものではありません。一般的には、2〜5年程度持続しますが、個人差やアフターケアによって、1年で取れてしまうこともあります。

埋没が取れないようにするには

埋没が取れないようにするには、以下の点に注意しましょう。

  • 信頼できるクリニックを選ぶ
  • 術後のアフターケアをしっかり守る
  • 目をこすらない
  • 紫外線対策をする
  • バランスのとれた食事を心がける
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスを溜めない

まとめ

埋没が取れてしまったとしても、適切な対処をすれば、再び二重まぶたを手に入れることができます。再発防止策をしっかり守って、美しい二重まぶたを長くキープしましょう。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

理学療法士を辞めたいあなたへ。やめてよかった、後悔しないための転職・キャリアチェンジをサポート