埋没法の糸が出てきた!原因と対処法、気になる費用について解説

 


二重埋没法は、糸を使って二重まぶたを作る美容施術です。しかし、施術後しばらく経ってから糸が出てくることがあるのをご存知でしょうか?

この記事では、埋没法の糸が出てきた原因や対処法、気になる費用について詳しく解説します。

糸が出てくる原因

埋没法の糸が出てくる主な原因は以下の通りです。

  1. 糸の留め方が緩い:糸を結ぶ際に結び目が緩いと、時間が経つにつれて糸が緩み、皮膚から出てくることがあります。
  2. 幅広のデザインの二重にしている:幅広のデザインは糸の負担が大きくなり、糸が切れたり、皮膚から出てくる可能性が高くなります。
  3. まぶたが分厚い:まぶたが分厚い方は、糸が皮膚を貫通する距離が長くなり、糸が切れたり、皮膚から出てくる可能性が高くなります。
  4. 目をこする癖がある:目をこする癖があると、糸に負担がかかり、切れたり、皮膚から出てくる可能性が高くなります。
  5. 急激な体重増加で脂肪が増えた:急激な体重増加でまぶたの脂肪が増えると、糸に負担がかかり、切れたり、皮膚から出てくる可能性が高くなります。

糸が出てきたときの対処法

糸が出てきた場合は、無理に抜いたり触ったりせず、すぐにクリニックに相談しましょう。

  • 放置すると炎症や感染症のリスクが高まる
  • 眼球を傷つける可能性がある

クリニックでは、以下の方法で対処します。

  • 出ている糸をカットする
  • 新しい糸で二重を修正する

費用の目安

糸が出てきた場合の治療費は、クリニックによって異なりますが、数千円から数万円程度です。

埋没法を受ける際の注意点

  • 信頼できるクリニックを選ぶ
  • 術後のアフターケアをしっかり行う
  • 目をこする癖を直す
  • 急激な体重増加に注意する

埋没法は、適切な施術を受ければ安全な美容施術です。しかし、糸が出てきた場合は適切な対処が必要です。この記事を参考に、安心安全な埋没法を受けてください。


Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説