まぶたの腫れは何科:原因と受診すべき科を徹底解説

 


はじめに

まぶたの腫れは、様々な原因によって起こり得ます。原因によって適切な治療法が異なるため、正しく判断することが大切です。

そこで今回は、まぶたの腫れの原因、受診すべき科、症状別の対処法などを詳しく解説します。

1. まぶたの腫れの原因

まぶたの腫れの主な原因は以下の通りです。

  • アレルギー: 花粉症やアトピー性皮膚炎などによるアレルギー反応によって起こります。
  • ものもらい: まぶたの脂腺に細菌が感染して起こる化膿性疾患です。
  • 麦粒腫: まぶたの汗腺に細菌が感染して起こる化膿性疾患です。
  • 結膜炎: ウイルスや細菌、アレルギーなどによって結膜が炎症を起こす病気です。
  • ドライアイ: 涙の量が減ったり、質が悪くなったりすることによって起こる病気です。
  • 眼瞼下垂: 上まぶたが垂れ下がってしまう病気です。
  • 内分泌疾患: 糖尿病や甲状腺機能異常などの内分泌疾患によって起こることもあります。

2. まぶたの腫れで受診すべき科

まぶたの腫れの原因によって、受診すべき科が異なります。

  • アレルギー: 眼科または皮膚科
  • ものもらい・麦粒腫: 眼科
  • 結膜炎: 眼科
  • ドライアイ: 眼科
  • 眼瞼下垂: 眼科
  • 内分泌疾患: 内科

3. まぶたの腫れがどのくらいで治る

まぶたの腫れの治癒期間は、原因によって異なります。

  • アレルギー: 数日から数週間
  • ものもらい・麦粒腫: 数日から1週間程度
  • 結膜炎: 数日から1週間程度
  • ドライアイ: 完治は難しく、長期的な治療が必要
  • 眼瞼下垂: 原因によって異なるが、手術が必要となる場合もある
  • 内分泌疾患: 原因となる内分泌疾患の治療が必要

4. 下瞼の腫れは何科

下瞼の腫れも、原因によって受診すべき科が異なります。

  • アレルギー: 眼科または皮膚科
  • ものもらい・麦粒腫: 眼科
  • 結膜炎: 眼科
  • ドライアイ: 眼科
  • 眼瞼浮腫: 内科または腎臓内科
  • 眼瞼下垂: 眼科

5. まぶたの腫れ 病院 何科

まぶたの腫れで病院を受診する場合は、まず眼科を受診することをおすすめします。

眼科で原因が特定できない場合は、皮膚科や内科などの他の科を紹介されることもあります。

6. 幼児のまぶたの腫れ 何科

幼児のまぶたの腫れも、原因によって受診すべき科が異なります。

  • アレルギー: 眼科または皮膚科
  • ものもらい・麦粒腫: 眼科
  • 結膜炎: 眼科
  • ドライアイ: 眼科
  • 眼瞼浮腫: 内科または腎臓内科
  • 眼瞼下垂: 眼科

7. 子供の瞼の腫れ 何科

子供の瞼の腫れも、原因によって受診すべき科が異なります。

  • アレルギー: 眼科または皮膚科
  • ものもらい・麦粒腫: 眼科
  • 結膜炎: 眼科
  • ドライアイ: 眼科
  • 眼瞼浮腫: 内科または腎臓内科
  • 眼瞼下垂: 眼科

8. 瞼の腫れは何が原因

瞼の腫れの原因は様々です。

  • アレルギー: 花粉症やアトピー性皮膚炎などによるアレルギー反応
  • ものもらい: まぶたの脂腺に細菌が感染
  • 麦粒腫: まぶたの汗腺に細菌が感染
  • 結膜炎: ウイルスや細菌、アレルギーなどによる結膜の炎症
  • ドライアイ: 涙の量が減ったり、質が悪くなったり
  • 眼瞼下垂: 上まぶたが垂れ下がってしまう病気
  • 内分泌疾患: 糖尿病や甲状腺機能異常など

9. 瞼の腫れは眼科 皮膚科

まぶたの腫れ:眼科と皮膚科、どちらを受診すべき?

まぶたの腫れの原因によっては、眼科と皮膚科のどちらを受診すべきか迷うことがあります。

眼科を受診すべきケース

  • ものもらいや麦粒腫など、まぶたの感染症が疑われる場合
  • 結膜炎やドライアイなど、目の表面の炎症が疑われる場合
  • 眼瞼下垂など、まぶたの動きに異常がある場合
  • 原因が不明で、まずは専門医に診てもらう必要がある場合

皮膚科を受診すべきケース

  • アトピー性皮膚炎や花粉症など、アレルギーによるまぶたの腫れが疑われる場合
  • まぶたの皮膚に湿疹や発疹がある場合
  • まぶたの皮膚が乾燥している場合
  • 原因が不明で、眼科で診察を受けた後に紹介された場合

どちらを受診すべきか判断できない場合は...

  • まずは眼科を受診し、必要に応じて皮膚科を紹介してもらうのが一般的です。
  • 眼科と皮膚科の両方を受診しても構いません。
  • 小児の場合は、小児科を受診することもできます。

いずれの場合も、早めに受診することが大切です。

まぶたの腫れを伴う主な症状

  • かゆみ
  • 痛み
  • 赤み
  • 充血
  • 違和感
  • 視力障害
  • まぶたの開きづらさ
  • 涙の量の変化
  • 発熱

これらの症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

まとめ

まぶたの腫れの原因は様々であり、適切な治療を受けるためには、正しい科を受診することが重要です。

上記を参考に、ご自身の症状に合った科を受診してください。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

理学療法士を辞めたいあなたへ。やめてよかった、後悔しないための転職・キャリアチェンジをサポート