精索静脈瘤:見た目から原因、セルフチェックまで徹底解説!

 


精索静脈瘤は、精巣の静脈が拡張し、袋状になる病気です。20代~40代の男性に多く発症し、痛みや不妊などの症状を引き起こすこともあります。

この記事では、精索静脈瘤の見た目、原因、セルフチェック方法、手術後の見た目、右側のみ発症するケース、発症原因について詳しく解説します。

精索静脈瘤 20代

精索静脈瘤は、20代~40代の男性に多く発症する病気です。特に、20代後半から30代前半にかけて発症率が高くなります。

20代で精索静脈瘤に気づいた場合は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

精索静脈瘤 10代

10代でも精索静脈瘤を発症するケースはありますが、20代~40代に比べると稀です。

10代で精索静脈瘤が疑われる場合は、放置せずに医療機関を受診し、適切な診断を受けることが大切です。

精索静脈瘤 太さ

精索静脈瘤の太さは、個人差が大きいです。

一般的には、直径2mm以上の静脈が拡張していると精索静脈瘤と診断されますが、1mm程度の細い静脈でも症状が現れる場合もあります。

太さよりも、症状の有無や進行度の方が重要です。

精索静脈瘤 セルフチェック

精索静脈瘤は、自分で簡単にチェックすることができます。

セルフチェック方法:

  1. 立ち姿勢で、陰嚢を軽く持ち上げます。
  2. 精巣の周りに、蛇行状または袋状の膨らみがないか確認します。
  3. 膨らみがある場合は、触って硬さや痛みがないか確認します。

セルフチェックで異常を感じた場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

精索静脈瘤 手術後 見た目

精索静脈瘤の手術後は、陰嚢に傷跡が残ります。

傷跡は、時間の経過とともに目立たなくなっていきますが、完全に消えることはありません。

傷跡が気になる場合は、皮膚科でレーザー治療などの相談をすることもできます。

精索静脈瘤 右側

精索静脈瘤は、左右どちら側にでも発症する可能性があります。

しかし、左側よりも右側に発症する方が多いという統計があります。

発症原因は、まだ完全には解明されていませんが、左側の腎静脈が右側の腎静脈よりも長く、血流が滞りやすいことが関係していると考えられています。

精索静脈瘤 なぜなる

精索静脈瘤の具体的な発症原因は、まだ完全には解明されていません。

しかし、いくつかの要因が関係していると考えられています。

考えられる発症原因:

  • 遺伝: 家族に精索静脈瘤の既往歴がある場合、発症リスクが高くなります。
  • 立ち仕事: 長時間立ち仕事をする人は、下半身の血流が滞りやすくなり、精索静脈瘤を発症しやすくなります。
  • 便秘: 便秘になると、下腹部への圧力が高くなり、精索静脈瘤を発症しやすくなります。
  • 肥満: 肥満になると、下腹部への圧力が高くなり、精索静脈瘤を発症しやすくなります。

まとめ

精索静脈瘤は、見た目だけでなく、痛みや不妊などの症状を引き起こすこともあります。

セルフチェックで異常を感じた場合は、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

精索静脈瘤は、早期発見・早期治療が重要です。

何か気になることがあれば、すぐに医師に相談しましょう。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説