したまぶたの白い異物:原因と対処法を徹底解説!

 


したまぶたに白いものを見つけると、ドキッとしてしまいますよね。白斑、ものもらい、結膜結石など、原因は様々です。この記事では、下まぶたの白い異物の代表的な原因と、それぞれの対処法について詳しく解説します。

1. 下瞼に白いできもの

下まぶたの白いできものには、主に以下の3種類が考えられます。

  • ものもらい(麦粒腫):まぶたのマイボーム腺が細菌感染を起こした状態です。赤く腫れ、痛みやかゆみ、白い膿を伴うことがあります。
  • 霰粒腫(さんりゅうしゅ):マイボーム腺の出口が詰まり、脂質が固まってできたものです。痛みやかゆみはほとんどありませんが、白いできものが目立ちます。
  • 結膜結石:結膜の表面に白い石のようなものができる状態です。無症状の場合もありますが、刺激感やかゆみ、異物感などを伴うことがあります。

2. 下まぶた 裏 白い

下まぶたの裏側に白いものが見られる場合は、結膜炎の可能性があります。結膜炎は、細菌やウイルス、アレルギーなどが原因で結膜が炎症を起こした状態です。目のかゆみ、充血、まぶたの裏側の白い分泌物などが主な症状です。

3. 下まぶたに白い点

下まぶたに白い点が見られる場合は、白斑の可能性があります。白斑は、メラニン色素を生成する細胞が消失することで皮膚の色素が抜け落ちた状態です。痛みやかゆみはありませんが、見た目が気になることがあります。

4. 下瞼 白いポツポツ

下まぶたに白いポツポツが見られる場合は、脂肪粒の可能性があります。脂肪粒は、皮膚の下に皮脂が溜まってできる小さなできものです。痛みやかゆみはありませんが、見た目が気になることがあります。

5. 下瞼 白いできもの 目薬

下まぶたの白いできものに対して、市販の目薬を使用しても効果がない場合は、眼科を受診しましょう。自己判断で治療をすると、症状が悪化してしまう可能性があります。

6. 下瞼 白い膿

下まぶたから白い膿が出ている場合は、ものもらいの可能性が高いです。ものもらいは、細菌感染によって起こる炎症なので、早めの治療が必要です。

7. 下瞼 白い点 痛い

下まぶたの白い点が痛い場合は、ものもらい結膜炎の可能性があります。早めに眼科を受診しましょう。

8. まとめ

下まぶたの白い異物は、様々な原因によって起こります。症状によって原因が異なるので、早めの眼科受診が大切です。この記事を参考に、ご自身の症状に合った適切な対処法を見つけてくださいね。


Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説