耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説

 


ピアスの穴周辺、耳たぶの中にできるしこり、多くの人が悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、耳たぶのピアスのしこりについて、原因対処法再発防止策病院に行くべきかどうかなど、詳しくご紹介します。

ピアス しこり 耳たぶの中

耳たぶのピアスのしこりには、以下の種類があります。

  • 膿瘍: ピアスの穴に細菌が感染し、膿が溜まった状態です。腫れや痛み、赤みなどを伴います。
  • 肉芽: ピアスの穴周辺に皮膚組織が過剰に増殖した状態です。痛みや違和感などを伴います。
  • ケロイド: 傷跡が肥厚化した状態です。赤みやかゆみ、痛みなどを伴います。
  • アレルギー: ピアスの金属に対するアレルギー反応です。かゆみ、腫れ、発疹などを伴います。

ピアス しこりを なくす 方法

ピアスのしこりの種類によって、適切な対処法が異なります。

膿瘍の場合は、医療機関を受診し、適切な治療を受ける必要があります。放置すると悪化する可能性があります。

肉芽ケロイドの場合は、医療機関を受診し、レーザー治療ステロイド注射などの治療を受けることができます。

アレルギーの場合は、金属アレルギー検査を受け、アレルギーのある金属を避ける必要があります。

いずれの場合も、

  • ピアスの穴を清潔に保つ
  • ピアスを触らない
  • 刺激を与えない

ことが大切です

ピアス しこり 再度開ける

ピアスのしこりが治った後、再びピアスを開けたい場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • ピアスの穴が完全に治っていることを確認する
  • 医療用のピアスを使用する
  • 清潔な状態でピアスを開ける
  • ピアスの穴を清潔に保つ

しこりが再発する可能性があるので、無理にピアスを開けようとしないことも大切です。

ピアス しこり除去

ピアスのしこりを除去するには、医療機関を受診する必要があります。

レーザー治療ステロイド注射などの治療を受けることができます。

治療法は、しこりの種類や大きさ、症状などによって異なります。

医療機関を受診する前に、しこりの大きさや色痛みや痒みなどの症状をメモしておくと、医師に症状を伝えやすくなります。

ピアス しこり 痛い

ピアスのしこりが痛い場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • ピアスを触らない
  • 刺激を与えない
  • 患部を冷やす
  • 痛み止めを服用する

痛みがひどい場合は、医療機関を受診する必要があります。

ピアスしこり そのまま 放置

ピアスのしこりを放置すると、悪化する可能性があります。

膿瘍の場合は、敗血症などの重篤な病気に繋がる可能性があります。

肉芽ケロイドの場合は、大きくなったり、治りにくくなったりします。

アレルギーの場合は、症状が悪化したり、別の金属にもアレルギーを発症したりする可能性があります。

しこりを見つけたら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

ピアス しこり 病院

ピアスのしこりが気になる場合は、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では、しこりの種類を診断し、適切な治療を受けることができます。

また、

  • 膿瘍の場合は、外科を受診する必要があります。
  • アレルギーの場合は、アレルギー科を受診する必要があります。

医療機関を受診する前に、しこりの大きさや色痛みや痒みなどの症状をメモしておくと、医師に症状を伝えやすくなります。


ピアスしこりの原因

ピアスのしこりには、様々な原因が考えられます。

主な原因は以下の通りです。

1. 細菌感染

ピアスの穴が清潔に保たれていないと、細菌が感染し、膿瘍肉芽ができることがあります。

症状としては、

  • 腫れ
  • 痛み
  • 赤み

などが挙げられます。

2. 金属アレルギー

ピアスの金属に対するアレルギー反応で、かゆみ腫れ発疹などを伴います。

症状としては、

  • ピアスの穴周辺のかゆみ
  • 赤み
  • 腫れ
  • 発疹
  • かさぶた

などが挙げられます。

3. 摩擦

ピアスが服や髪に擦れて刺激を与えると、肉芽ができることがあります。

症状としては、

  • ピアスの穴周辺の痛み
  • 腫れ
  • 赤み

などが挙げられます。

4. ピアスホールの閉塞

ピアスを長期間外していると、ピアスホールが塞がってしまい、しこりになることがあります。

症状としては、

  • ピアスホールの痛み
  • 腫れ
  • 赤み

などが挙げられます。

5. 皮膚病

アトピー性皮膚炎ニキビなどの皮膚病が原因で、しこりになることがあります。

症状としては、

  • ピアスの穴周辺のかゆみ
  • 赤み
  • 腫れ
  • 発疹

などが挙げられます。

6. ストレス

ストレスが原因で、免疫力が低下し、細菌感染を起こしやすくなることがあります。

7. 紫外線

紫外線によって、皮膚が炎症を起こし、しこりになることがあります。

8. ホルモンバランスの変化

月経前妊娠中など、ホルモンバランスの変化によって、皮膚が敏感になり、しこりになることがあります。

上記以外にも、様々な原因が考えられます。

しこりが気になる場合は、

  • ピアスを外して清潔にする
  • 医療機関を受診する

ことが大切です。

医療機関では、しこりの種類を診断し、適切な治療を受けることができます。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由