二重整形 埋没法:魅力、注意点、大阪のおすすめクリニックを徹底解説!

 


二重整形といえば、切開法と埋没法の2種類が主流ですが、近年人気が高まっているのが「埋没法」です。メスを使わずに気軽に二重を作ることができるため、初めて二重整形を検討する方や、ダウンタイムを短くしたい方におすすめです。

しかし、埋没法にもメリットだけでなくデメリットもあります。そこで今回は、二重整形 埋没法の魅力、注意点、大阪のおすすめクリニックについて詳しく解説します。

二重 埋没 4点留め

埋没法には、糸で二重のラインを作る「点留め法」と、皮膚を固定する「埋没式法」の2種類があります。点留め法の中でも、4点留めは最も一般的な施術方法です。

4点留めは、4本の糸で二重のラインを作る方法です。3点留めよりも強度が高く、二重が取れにくいため、初めて埋没法を受ける方におすすめです。

二重 整形 埋没 バレる

埋没法は、メスを使わないため、傷跡が残りにくく、自然な二重を作ることができます。そのため、施術後すぐにバレることはほとんどありません

ただし、施術直後は腫れや内出血などが起こることがあり、人によっては数日間メイクで隠す必要がある場合があります。また、施術後しばらくは二重のラインがはっきりしているため、周囲にバレてしまう可能性もあります。

ふたえ整形 埋没 ダウンタイム

埋没法のダウンタイムは、個人差はありますが、一般的には3~7日程度です。施術直後は腫れや内出血などが起こりますが、数日で落ち着きます。

ふたえ整形 埋没 値段

埋没法の料金は、クリニックや施術内容によって異なりますが、一般的には5万円~15万円程度です。

ふたえ整形 埋没 デメリット

埋没法には、以下のようなデメリットがあります。

  • 二重が取れる可能性がある
  • 腫れや内出血などの副作用がある
  • 希望通りの二重にならない場合がある
  • 切開法よりも効果が持続しない

ふたえ整形 埋没 大阪 口コミ

大阪には、埋没法を得意とするクリニックが多数あります。クリニックを選ぶ際には、口コミや評判を参考に、自分に合ったクリニックを見つけることが大切です。

ふたえ整形 埋没 切開 違い

埋没法と切開法は、二重の作り方に大きな違いがあります。

  • 埋没法:メスを使わずに糸で二重のラインを作る方法
  • 切開法:メスで皮膚を切開し、二重のラインを作る方法

埋没法は、手軽に二重を作ることができる反面、二重が取れる可能性があります。切開法は、埋没法よりも効果が持続しますが、ダウンタイムが長くなります。

まとめ

二重整形 埋没法は、手軽に二重を作ることができる人気の施術ですが、メリットだけでなくデメリットも理解した上で検討することが大切です。

大阪には、埋没法を得意とするクリニックが多数ありますので、口コミや評判を参考に、自分に合ったクリニックを見つけてください。


Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説