MOS資格って本当に役に立たないの?徹底解説!

 


MOS資格は、マイクロソフト社のオフィス製品(Word、Excel、PowerPointなど)のスキルを証明する資格です。近年、パソコンスキルが必須とされる場面が増えていることから、MOS資格取得を目指す人も多いのではないでしょうか。

しかし、「MOS資格は役に立たない」という声も少なくありません。今回は、MOS資格の真実について、知恵袋の質問や受験者の声などを参考にしながら、詳しく解説していきます。

MOS資格ってどんな資格?

MOS資格は、マイクロソフト社が認定する公式資格です。試験はWord、Excel、PowerPointなどの各ソフトごとに実施されており、基礎レベルエキスパートレベルの2段階があります。

MOS資格を取得することで、以下のメリットが期待できます。

  • 就職・転職活動で有利になる
  • 業務効率をアップできる
  • スキルアップの証明になる
  • パソコンスキルに自信が持てる

しかし、MOS資格は万能ではありません。以下のようなデメリットも存在します。

  • 難易度が比較的低いため、差別化が難しい
  • 実務経験がなければ、十分に活かせない
  • 試験対策に時間がかかる
  • 受験料が高い

MOS資格、どんな問題が出るの?

MOS資格の試験問題は、実務で役立つスキルを問う内容となっています。具体的には、以下のような問題が出題されます。

  • 文書作成
  • 表計算
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • マクロ作成

問題形式は、選択式記述式実技などがあります。

MOSエキスパートは役に立たない?

MOSエキスパートは、MOS資格の中でも上位レベルの資格です。基礎レベルよりも高度なスキルが求められますが、実務で役立つスキルを証明できるため、就職・転職活動で有利になる可能性が高くなります。

しかし、エキスパートレベルのスキルが必ずしも必要とは限らないという声もあります。仕事内容自身のスキルに合わせて、取得するレベルを検討することが重要です。

自分に合ったMOS資格はどれ?

MOS資格には、Word、Excel、PowerPointなど、様々な種類があります。自分に合った資格を選ぶためには、自身のスキル仕事内容を考慮することが重要です。

以下に、各資格の特徴をまとめました。

  • Word:文書作成、編集、書式設定など
  • Excel:表計算、データ分析、グラフ作成など
  • PowerPoint:プレゼンテーション作成、アニメーション、デザインなど

複数の資格を取得することも可能です。仕事でよく使うソフトや、スキルアップしたい分野に合わせて、必要な資格を選びましょう。

MOS試験、本当に役に立つ?

MOS資格は、パソコンスキルを証明する有効な手段です。しかし、資格取得目的になってしまっては、本来の意味を失ってしまいます。

MOS資格を活かすためには、資格取得だけでなく、日々のスキルアップも重要です。仕事プライベートで積極的にパソコンを活用し、実務経験を積み重ねましょう。

MOS資格を取るには?

MOS資格を取得するには、マイクロソフト認定試験機関で実施される試験に合格する必要があります。

試験は、全国各地の試験会場で定期的に実施されています。受験料は、試験科目によって異なります。

MOS資格の勉強方法は、独学通信講座スクールなどがあります。自分に合った方法で学習を進めましょう。

MOS資格は、就職・転職スキルアップに役立つ有益な資格です。ただし、資格取得目的になってしまっては、本来の意味を失ってしまいます。

MOS資格を有効活用するためには、資格取得だけでなく、日々のスキルアップも重要です。仕事プライベートで積極的にパソコンを活用し、実務経験を積み重ねましょう。

Popular posts from this blog

メルカリ「買いたい人がいます」の表示:意味、対処法、よくある質問徹底解説

不倫がバレた!慌てずに対処するための7つのステップと弁護士に相談すべき理由

耳たぶにピアスのしこり!耳たぶの中、原因・対処法、再発防止策まで徹底解説